背骨や骨盤の歪みは腰痛に関係ない

MRIやレントゲン検査で腰仙移行椎、脊髄分離症、脊柱側彎症、脊椎すべり症 潜在性二分脊椎(潜在性脊椎破裂、潜在性脊椎披裂)など さまざまな病名が判明します。

しかし、これら全てが、腰痛の原因には関係が無いということが研究の結果で立証されつつあります。

 

腰痛患者と健常者の比較

以下の表はアメリカのスプリットホフによる研究結果です。腰痛患者100名と健常者100名のエックス線写真の結果を比較しています。

 腰痛患者100名  健常者100名
 腰仙移行椎  10%  10%
 脊椎すべり症  2%  3%
 潜在性二分脊椎  4%  6%
 変形性脊椎症  26%  22%

腰痛患者と健常者でほぼ差はありませんね。しかも脊椎すべり症、潜在性二分脊椎については健常者の方が多いですね。

他にも、アメリカのフレンロフとウィリアムズも同じように腰痛患者と健常者でエックス線写真の結果を比較しています。

 腰痛患者群200名  健常者200名
 脊椎すべり症  1.5%  2.5%
 腰仙移行椎  13.5%  9.5%
 潜在性二分脊椎  3%  26%
 椎間狭小  21%  31%
 変形性脊椎症  20%  34%
 脊柱側彎症  30%  45.5%
 腰椎前彎過剰  1%  2.5%
 腰椎前彎減少  22%  22%
 骨粗しょう症  1%  2.5%
 シュモール結節  5.5%  13%
 椎体圧迫骨折  0%  10.5%
 骨盤傾斜  2%  1.5%

この結果に関しては、むしろ健常者の方に骨の異常が多いです。腰痛患者と健常者の間に腰痛の因果関係が無いことが解ります。 同じような研究結果は他にもあります。

イスラエルのリブソンらの研究チームは、18歳~50歳までの腰痛患者807名と健常者936名で検証しており、かなりの規模でエックス線写真の結果を比較しています。 その結果、腰痛患者の9.2%、健常者の9.7%に腰椎分離症が見つかっているそうです。

参考:長谷川淳史著「「腰痛」は終わる」

 

 

古い情報が蔓延している現状

他にも同じようなエビデンスがたくさんある様です。 詳細は長谷川淳史著の「「腰痛」は終わる」を読んで頂きたいです。

こちらの書は、腰痛の核心についてエビデンスを元に徹底的に立証した内容となっています。 如何に古い情報が蔓延しているか、また、その古い情報のままの医療が蔓延っているか、を知るのにとても勉強になります。

 

 

知ることが治療の近道

これだけの病名があることにも驚きですが、なぜこのような常識を覆すような結果が出るのでしょうか。 答えは簡単です。

これまでの研究は痛みを訴える患者だけを対象にしたものがほとんどで、健常者を対象にいれていなかったからだそうです。

症状の無い健常者も対象にした研究が増えたことで、これまで信じられていた腰痛の原因が全く無関係であることが 証明されているのです。

また、このような研究結果が出てきている現在でも、一部の整体やカイロなどでは骨盤のゆがみを理由に施術しているところが沢山あります。

整体やカイロで腰痛が良くなるケースがあることも事実ですが、信頼できない業者に騙されないためにも、これら研究結果のエビデンスを知ったうえで利用すると良いでしょう。

私も整体やカイロプラクティックに何度も通った経験がありますが、何の効果も無くむしろ痛めたことすらあります。

アスカ鍼灸院の福辻氏は「腰痛治療は知識である」と説いています。無作為にリハビリをしたり、施術を行ったとしても、本質的な治療をやらないとお金の無駄になるかも知れません。

 

福辻式を実践してみてけっこう良かった件